忍者ブログ

[PR]

2017.04.28 -
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   ▲ENTRY-TOP

風立ちぬ いざ生きめやも。

2013.07.31 - 日記
風立ちぬを友達と見てきました。
最初は一回目は一人で見に行きたいと思っていたのですが、そうしなくて正解だったと思います。
見る前にテレビの予告編で既に泣いてしまっていたので、まあどういう内容かわかっていました。
楽しく、切ない今までの作品と一線を画しています。


あ、内容に触れますからまだ見てない方はこの先を読まないことを強く勧めます。

続きを読むからどうぞ。




































数時間前に見たばかりで自分で消化しきっていない状態です。
今での感想は不完全燃焼というか、分かってないことが多いです。
秘密警察とか、あのホテルのおじさんとか(名前忘れた)、夢の中の伯爵とは本当に夢の中でしか会わないし。

菜穂子の病状を知りつつ病院に入れず共に住むことに上司の黒川は「それは愛ではなくエゴイズムだ」と言い放ちます。
また堀越二郎は飛行機設計に専念し菜穂子とは一日のほとんどの時間を共に過ごしませんでした。
俺は仕事なんてやめて奥さんと一緒にいてやれよとちょっと思いましたが、互いに覚悟の上だったんだと思います。
最後菜穂子は一人で山向いの病院へ戻ります、その覚悟を黒川の妻は受けいれ二郎の妹を引きとめました。
今書きながらまた泣きそうになってます。
夫を笑顔で送った後の菜穂子の表情は少し険しくとても辛そうでした。
劇中では病床の菜穂子との会話はあまり描かれませんでしたが十分でした。

よく学校の問題で「この作品の作者は何を伝えたいのか」なんてのがありますが、そんなものはこの作品にはありませんでした。少なくとも俺には分からなかった。
ただ残酷で美しい物語でした。
宮崎監督はとても正直にこの作品を作ったのだと思います。
堀越二郎は男前のヒーローじゃなく飛行機が大好きな薄情者です。
二郎が薄情者というのは妹が何度も言ってます、人を何時間も待たせたり約束を破ったり・・・。
それなのにあの作品はあんなにも俺の心をうつのか、菜穂子が美しいからなのか。
菜穂子の死と同時に、堀越二郎の作った飛行機は完成しました。
それが皮肉とは思いませんが、その気持ちをうまく言葉で表現できません、己の語彙の少なさを呪うばかり。

心の整理がついたら、もう一度見に行きたいと思います。

PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
アクセス解析
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
達磨
年齢:
22
性別:
男性
誕生日:
1994/05/29
職業:
高校生
趣味:
イラスト、読書、ピアノ、料理
自己紹介:
高校生 O型 東京都在住
その他:ペンタブ intuos3                 ツール Painter
        

相互リンク大歓迎です.


最新記事
(07/31)
(02/09)
(03/13)
(03/12)
(02/06)
acv
(01/23)
(01/15)
(01/10)
(01/07)
(01/05)
最新コメント
[02/23 mine]
[02/23 達磨]
[02/19 mine]
[02/18 達磨]
[02/18 カズト]
カウンター
お天気情報
ブログ内検索